熊本城が天然水ペットボトルに! 重厚感あるデザイン好評、販路拡大

熊本日日新聞 | 2021年07月03日 16:00

熊本城をデザインしたペットボトルの天然水=熊本市中央区の熊本ホテルキャッスル

 飲料水販売のハイコムウォーター(熊本県菊陽町)が手掛ける、熊本城を模したペットボトルの天然水が人気だ。新型コロナウイルスの影響で観光客の来熊が低迷する中、重厚感あるデザインが好評で県内外に販路を広げている。

 熊本の地下水と熊本城を国内外にアピールする、新たな土産品を目指して開発。「KUMAMOTO CASTLE WATER」と名付け4月発売した。大きさは約16センチ、380ミリリットル入りで390円。金型から特注したオリジナルデザインが目を引く。南阿蘇村の同社工場で採水・充てんする。

 コロナによる外出や旅行自粛が響き、出荷本数は当初見込みを下回るものの、徐々に評判を呼んだ。取り扱い店は県外を含めて20カ所に拡大。通信販売も始めた。担当する志垣豪俊さん(37)は「県外からも問い合わせがある。コロナ後は熊本みやげの定番になれば」と話す。

 熊本市の熊本ホテルキャッスルやJR熊本駅の熊本銘品蔵、加藤神社、東京の銀座熊本館などで扱う。1本につき10円を、同市の「熊本城災害復旧支援金」に寄付する。(中原功一朗)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note