天草「もっと満喫」して 熊本県内限定キャンペーン再開 

熊本日日新聞 | 2021年06月21日 09:22

足湯に漬かり、「もっと満喫セット」をPRする各施設の関係者=天草市

 熊本県内に適用されていた新型コロナウイルスまん延防止等重点措置が解除されたのを受け、天草市は中断していた「天草満喫キャンペーン」を再開した。県内在住者限定で8月末まで。

 今回、道の駅の「イルカセンター」と「宮地岳かかしの里」、下田温泉がタッグを組み、新たなオプション商品「もっと満喫セット」を用意した。イルカウオッチングと道の駅での昼食(2回)がセットで大人2千円、小学生1100円。

 市が1泊当たり4100円を補助するキャンペーンに参加する、下田温泉の7施設に宿泊することが購入の条件となる。「コロナ禍で厳しい状況だが、オール天草で考えた」とイルカ事業部長の入江一徳さん(54)。

 行程は1日目がイルカウオッチング後にイルカセンターで昼食を取り、下田温泉で宿泊。2日目は温泉からドライブなどを楽しんでもらい、かかしの里で昼食を楽しむ。

 下田温泉旅館組合の藤本貴士組合長(47)は「道の駅は循環型観光拠点として位置付けられており、周遊を促したい」と意気込む。

 下田温泉以外に泊まる場合は、中断以前の従来プランを利用する。九州産交ツーリズムTEL096(300)5535。(谷川剛)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note