ソノカム、五輪確実に 熊本県勢、バドミントン男子複

熊本日日新聞 | 2021年05月28日 23:13

園田啓悟(左)、嘉村健士

 バドミントンで新たに男子でダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸、ともに八代東高出)と遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)、シングルスの常山幹太(トナミ運輸)の東京五輪出場が28日、確実となった。世界連盟が同日、6月中旬までの五輪予選期間内に新たな大会を実施せず、各国・地域への出場枠配分を決める五輪予選ランキングは現時点から変更しないと発表したため。日本代表メンバーは後日、正式に発表される。

 バドミントンの県関係では既に、女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)、女子ダブルスの福島由紀=坂本中出、廣田彩花=玉名女子高出=組(丸杉Bluvic)が出場を確実にしている。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note