阿蘇草千里は雪化粧 熊本県内、16日も厳しい寒さ

熊本日日新聞 | 2020年12月16日 07:50

一面に雪が積もった草千里駐車場=15日午前10時ごろ、阿蘇市永草

 熊本県内は15日、強い寒気の影響で冷え込み、日中の最高気温でも高森町で1・6度、阿蘇市で2・4度までしか上がらず、各地で真冬並みの寒さとなった。

 熊本地方気象台によると、各地の最高気温は南小国町2・5度、熊本市6・6度、八代市7・1度など、平年を7・7~5・3度下回った。16日も冬型の気圧配置が続き、最低気温は阿蘇市で氷点下5度、人吉市で同3度の予想。熊本市でも氷点下となる可能性もあり、山間部では積雪するところも。

 阿蘇山上一帯は15日、雪が積もり、山肌が真っ白に雪化粧した。標高約1100メートルの草千里では、早朝から雪が降り続け、多い所で足首が隠れる深さまで積もった。三重県四日市市の会社代表、伊藤博光さん(45)は「まさか九州で雪が見られるなんて。雄大な自然と相まって美しいですね」と寒さに震えながらも笑顔を見せた。(東誉晃、緒方李咲)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note