熊本豪雨で被災、中心市街地復興へ住民説明会 人吉市

熊本日日新聞 | 2021年05月16日 13:51

人吉市が検討している「被災市街地復興推進地域」について説明を聞く住民ら=同市

 熊本県人吉市は14日、昨年7月の豪雨で甚大な被害が出た中心市街地などを対象に検討している「被災市街地復興推進地域」に関する住民説明会を始めた。

 同地域は、被災市街地復興特別措置法に基づき市が指定する。市は避難路の確保や公園整備を進めるため、来年7月3日まで、鉄筋コンクリート造りや3階建て以上の建物などの建築を認めず、一定の制限をかける。ただ、市長が許可すれば建築できる。

 市は期間内に土地区画整理事業など復興の手法を決め、災害に強い地域づくりを目指す。

 同市下原田町の中原コミュニティセンターであった説明会では、住民ら約10人が出席。市の担当者が、道路幅や豪雨による建物の被害状況を示した地図を用いて検討理由を説明した。説明会は16日まで。(小山智史)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note