純白のスズラン、高原の風に揺れ 阿蘇市で見ごろ

熊本日日新聞 | 2021年05月15日 20:00

自生地公園でかれんな花を咲かせるスズラン=阿蘇市

 熊本県阿蘇市波野でスズランの花が見頃を迎えている。標高約800メートルの自生地公園では、釣り鐘状の真っ白い花が高原のそよ風に揺られ、周囲に甘い香りを漂わせている。

 スズランはユリ科の多年草で、高さ20センチほどの葉の間に直径1センチに満たない花が咲く。県はレッドリストで絶滅危惧ⅠB類に位置付け、希少野生動植物にも指定し採取や損傷などを禁じている。

 同公園には5万株が生息。熊本市の主婦(68)は「園芸種と違って楚々[そそ]とした美しさがある。早速SNSにアップします」と喜んでいた。今年から公園を保全する地元管理組合の釣井けい子組合長(73)は「見頃は20日ごろまでになりそう」と話している。(植山茂)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note