国、県の生活支援 水俣病胎児性患者の利用減 高齢化や施設入所増で

熊本日日新聞 | 05月01日 10:23

image

 水俣病の胎児性や小児性患者の介護や社会参加への支援を国や熊本県が補助する「地域生活支援事業」の利用が、5年前をピークに減少していることが3...

プレミアム会員限定コンテンツです

プレミアム会員の方はログインしてください

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note