「母の日」感謝伝えて 宇土市でカーネーション出荷ピーク

熊本日日新聞 | 2021年05月01日 10:00

出荷のピークを迎えている色とりどりのカーネーションの鉢物=30日、宇土市

 5月9日の「母の日」を前に、カーネーションの鉢物栽培が盛んな熊本県宇土市で出荷が最盛期を迎えている。同市の農家では、丹精して育てた赤やピンクなど色とりどりの花の包装作業が慌ただしく進んでいる。

 県花き園芸農協やJA熊本経済連によると、同市のカーネーションの鉢物は例年のピーク時、1日8千鉢以上が九州各県などに出荷。新型コロナウイルスの影響で花全体の売り上げは落ちているが、母の日ギフト用の需要は伸びているという。

 同市網津町の中口昇治さん(48)のハウス(約2600平方メートル)では、約20種類を計約2万鉢栽培。30日、中口さんは「お母さんに会えなくても、贈る人の感謝の気持ちが伝わるように心を込めて育てています」と話しながら汗を流していた。(池田祐介)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube