球磨川の仮橋、5月下旬に通行可 熊本豪雨で流失の鎌瀬、坂本、相良橋

熊本日日新聞 | 2021年04月28日 21:00

 国土交通省八代復興事務所は28日、昨年7月の豪雨で流失した球磨川の鎌瀬橋(熊本県八代市坂本町)、坂本橋(同)、相良橋(球磨村)の仮橋が5月下旬に通行可能になると発表した。

 鎌瀬橋と相良橋は5月21日、坂本橋は5月28日の、いずれも午前6時から通行できる。工事用車両や地元住民向けで、一般車両は通行できない。国交省は一般車両が通行できる時期を「未定」としている。

 3本の仮橋は、残った橋脚の一部を利用して設置した。鎌瀬橋(全長113メートル)と相良橋(111メートル)は片側1車線、坂本橋(121メートル)は中央線がない。

 豪雨災害で被災した橋や道路は、国交省が八代市-人吉市間で県管理の国道219号と県道、市町村道の復旧工事を代行している。流失した残りの6橋は橋脚の損傷が激しく、仮橋を設置しないという。(緒方李咲)

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube