JAXAにサイバー攻撃

中国共産党員を書類送検

共同通信 | 04月20日 12:44

 警視庁=東京都千代田区霞が関
 警視庁=東京都千代田区霞が関

 2016、17年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)など国内約200の研究機関や企業に対するサイバー攻撃があり、使用された国内サーバーを偽名で契約したとして、警視庁公安部は20日、私電磁的記録不正作出・同供用容疑で、中国国営の大手情報通信企業に勤務するシステムエンジニアで、中国共産党員の中国籍の30代男を書類送検した。事件当時、日本に滞在していたという。

 捜査関係者によると、一連の攻撃は中国関連のハッカー集団「Tick(ティック)」が、中国人民解放軍の指揮下で実施していたとみられる。他国機関による日本国内への大規模サイバー攻撃が捜査で明らかになるのは異例。

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note