こいのぼり400匹、坪井川に舞う 熊本市西区の高橋校区

熊本日日新聞 | 2021年04月19日 19:30

風を受けて坪井川の上を泳ぐこいのぼり=熊本市西区

 熊本市西区の高橋校区の住民でつくる「町興しの会」などは18日、地元を流れる坪井川にこいのぼり約400匹を飾り付けた。5月8日まで、色鮮やかなこいのぼりが風に揺られて泳ぐ姿が楽しめる。

子どもたちに地元の歴史に親しんでもらおうと、高橋稲荷大橋-天満橋間の約200メートルを飾った。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止。2年ぶり26回目の開催となった。

 作業では、町興しの会メンバーや熊本西高と千原台高の生徒、地元企業の従業員ら約40人が参加。川幅88メートルにワイヤ16本を張り、こいのぼりを飾り付けた。

 千原台高3年の西川和音さん(17)=西区=は「ロープにコイを付ける作業が細かくて大変だった。幼い頃から親しんでいるので、これからもこいのぼりを残していきたい」と話していた。(鬼束実里)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note