熊本市中心街で銀行強盗未遂 容疑の68歳男を逮捕

熊本日日新聞 | 2020年12月10日 16:39

強盗未遂事件があった三菱UFJ銀行熊本支店=10日午後3時5分ごろ、熊本市中央区新市街

 10日午後1時35分ごろ、熊本市中央区新市街の三菱UFJ銀行熊本支店で、男が女性行員に刃物を突き付け、現金を要求した。通報を受け、約10分後に駆け付けた熊本中央署員が店内で男を確保し、強盗未遂と銃刀法違反(所持)の疑いで、現行犯逮捕した。けが人はなかった。

 逮捕されたのは、本籍甲佐町、住所不定、無職の男(68)。逮捕容疑は同日同時刻ごろ、同区新市街の同支店で、窓口のアクリル板の下から女性行員にナイフ(刃体約12センチ)を突き付けて脅迫。「金を出せ。10万円でいいから」と要求して、現金を強奪しようとした疑い。

 署によると、別の女性行員が「支店に刃物を持った男が来ている」と110番通報。すぐ近くの花畑交番から署員が駆け付け、店内の男に対して「刃物を捨てろ」と怒鳴ったところ、ナイフを捨てたため、その場で身柄を確保した。当時、店内には客1人と行員12人がいたが、全員無事だった。男の所持金は約2万円で、「金が欲しかった」と供述しているという。

 現場は県道熊本高森線(電車通り)沿いで、近くにはサクラマチクマモトや中心繁華街があり人通りが多い。事件後、同支店を訪れた男性(71)=同区=は「もう少し早かったら強盗犯に遭遇していたかもしれず怖いですね」と不安そうだった。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note