熊本県内で6人感染確認 新型コロナ、5人超えは17日以来

熊本日日新聞 | 2021年03月30日 21:04

 熊本県と熊本市は30日、新たに6人(熊本市、御船町各2、和水町、確認中各1)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認は3503人(うち熊本市1863人)となった。

 1日の感染確認が5人を超えるのは17日以来。熊本市の2人は西区の20代女性と10歳未満の女児で、28日に陽性が判明した20代の男性会社員の家族だった。

 御船町の2人は変異株の感染の可能性がある70代の夫婦。和水町の40代の男性会社員は静岡県に出張していた。県境をまたぐとみられる感染が増えており、木村敬副知事は「感染が流行する地域への不要不急の移動を控えてほしい」と訴えた。

 30日時点の療養者は前日比2人増の23人。このうち入院患者は17人(重症2、中等症4、軽症10、無症状1)で、ほかはホテルの宿泊療養者など6人だった。病床稼働率は0・4ポイント減の3・4%。(高宗亮輔、久保田尚之)

熊日電子版「データで見える熊本県内感染状況」
※集計時間等が異なるため、最新の記事とは人数が違う場合があります。

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note