高齢女性死亡、殴られたか 骨折や脳挫傷、大阪府警捜査

共同通信 2024年5月21日 23:28
 大阪府警本部
 大阪府警本部

 大阪府東大阪市の住宅で住人の高齢女性が亡くなっているのが見つかり、府警は21日、司法解剖した結果、死因は脳挫傷や外傷性くも膜下出血による多発外傷だったと明らかにした。肩甲骨なども骨折しており、府警は何者かに殴られ死亡した可能性があるとみて、殺人や傷害致死容疑も視野に捜査を進める。

 府警によると、亡くなったのは同市衣摺、無職高田悦子さん(94)。高田さんの顔は腫れ、全身には打撲痕が複数あった。古いものもあり、過去に暴行を受けていた可能性もあるという。

 20日午前2時55分ごろ、親族から「脈、呼吸がない」と119番があり、心肺停止の状態で病院に搬送され、その後死亡が確認された。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧