施設職員1468人に無料PCR検査 熊本県山鹿市

熊本日日新聞 | 2021年02月10日 10:11

 熊本県山鹿市は、市内の高齢者施設と障害者施設で働く職員に、新型コロナウイルスのPCR検査を無料で実施する。希望した51法人1468人分の検体を9日から順次回収し、3月中旬までに終える。

 同市ではこれまでに、高齢者施設2カ所でクラスター(感染者集団)が発生。職員間や利用者への感染を防ぎ、さらなるクラスター発生を抑えるため市が費用約2200万円を負担する。

 1月下旬、市内の全71法人に希望を募り、希望した51法人にだ液の検体採取容器を配布。回収後は県内の民間業者に検査を委託し、陽性だった場合は医師の診断を経て山鹿保健所に報告する。

 検査を希望しなかった20法人の中には、既に自前で実施済みか、実施予定の法人が含まれるという。

 佐藤アキ福祉部長は「検査と合わせて施設内の感染予防対策を徹底してもらい、利用者や職員、市民の不安を取り除きたい」としている。(河内正一郎)

関連記事

記事アクセスランキング

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube