ロマンティック「光の天草」6カ所でイルミネーション

熊本日日新聞 | 2020年12月02日 12:35

イルミネーションで光り輝く崎津教会=天草市河浦町
約12万球の電飾が輝く大江教会=天草市天草町
光り輝くイルミネーションのトンネルを駆け抜ける子どもたち=天草市役所本庁舎裏プロムナード

 多彩なLEDライトで天草の夜を彩る「あまくさロマンティックファンタジー2020」が、熊本県天草市で催されている。13日までに市内6カ所で順次、点灯が始まる。来年2月14日まで。

 地元住民や市、天草宝島観光協会でつくる、冬の天草誘客推進協議会主催。2011年、九州新幹線開通に合わせて冬の集客イベントとして始まり、今年で10回目。

 会場の一つ、市役所本庁舎裏プロムナードでは11月28日に始まり、約200メートルにわたりライトアップ。天草の海をテーマに地元高校生が制作した、海を泳ぐクラゲやイルカなどの写真撮影スポットも設置した。

 崎津教会(河浦町)や大江教会・天草ロザリオ館(天草町)なども既にLEDライトで彩られている。同観光協会は「マスク着用など、思いやりの気持ちを持って楽しんでほしい」と話している。

 また、期間中は会場近くの飲食店や宿泊施設で、天草の料理などが楽しめる鑑賞特典「ウインタースマイル~冬の天草キャンペーン」も実施している。

 点灯時間や期間は各会場で異なる。ほかの3会場は次の通り。▽しおさい館前広場(御所浦町)▽牛深ハイヤ大橋・同橋横広場(牛深町)▽下田温泉足湯広場(天草町)。同観光協会TEL0969(22)2243。(米本充宏、谷川剛)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note