おせち特集、飲食店応援 熊日「すぱいす」、サイトでも発信 30代デザイナーも協力

熊本日日新聞 | 2020年12月02日 11:40

「くまにち すぱいす」の「おせち・オードブル特集」に無償協力した坂木亮太さん=熊本市中央区

 熊本日日新聞社の生活情報紙「くまにち すぱいす」が、正月に向けて熊本県内飲食店の「おせち・オードブル特集」を企画し、熊日朝刊とウェブサイトを含めて情報発信している。サイトの制作は「コロナ禍に苦しむ飲食店を応援したい」とウェブデザイナーの坂木亮太さん(31)=熊本市=が、無償で協力した。

 坂木さんは、熊日が運営するコワーキングスペース「びぷれすイノベーションスタジオ(Bスタ)」を2月から仕事場に利用している。飲食店紹介のサイトを個人で計画していたが、すぱいすの担当者と知り合い、8月から一緒におせち特集の企画を進めた。

 おせち特集は毎年恒例だが、サイトの開設は初めて。11月13日に運用を始めた。各店のおせちの特色や注文方法を紹介している。参加店は昨年の20店から27店に増え、予約も好調という。

 坂木さんは「地域の力になれてうれしい。近く福岡に拠点を構える予定だが、今後も熊本とは常に関わり、縁を広げていきたい」と話している。

 おせち特集は、すぱいすのサイトを通じて1月11日まで閲覧できる。(小林義人)

記事アクセスランキング

  1. ${ranking.title}

※アクセス数(24時間以内)を元に集計

フォローする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • youtube
  • note