くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコムトップ > ニュース特集 > 熊本から世界に笑顔を 協力隊員だより > (91)シェイプアップもラテン風 エクアドル・内藤智子(32)


熊本から世界に笑顔を 協力隊員だより

(91)シェイプアップもラテン風 エクアドル・内藤智子(32)

写真
南米音楽に乗ってシェイプアップする「バイロテラピア」。ポールなど道具も使い、結構な運動量=2017年2月
写真
 南米、赤道直下のエクアドル。自分が理学療法士だから特に気になるというわけではないのでしょうが、太っている人が多いな、と感じます。そして露出度が高く、体に密着した服を着ている人が多数派です。

 なるほど、男性はお尻が大きくぽっちゃりの女性が好みという背景もあるのでしょう。しかし女性たちも太り過ぎは健康に良くないと理解しているし、せっかくのすてきなワンピースも、おなかがドーンと出てしまえばやはり気になるもの。

 そこでシェイプアップ。とはいえ1人寡黙に歩いたり走ったり、筋力トレーニングというのはどうも向かない気質のようでもあります。その代わりサルサやレゲエなどの音楽に合わせたダンスエクササイズが大人気。ダンスの意味の「バイロ」とセラピーの「テラピア」を合わせてバイロテラピアと呼ばれます。

 任地カルセタでは地元の理学療法士を講師に毎週月、水、金の夜に無料で開催。いろんな曲で、みんなで楽しくが長続きのコツ。腰や肩甲骨周りの骨を動かす動きが多く、体幹の筋肉もよく使い、1時間強でも結構な運動量です。

 女性が中心で、60歳代の人も。私も当地のおいしい料理をついつい食べ過ぎ、この集まりで汗を流しています。たまに開始が30分以上遅れたり、講師が来なかったりもしますが、そこはラテン人。気にせず、おしゃべりして解散。頑張りすぎず、楽しみながら続ける運動は心身ともに効果的です。(熊本市出身)



熊本日日新聞 2017年03月07日

↓最新ニュース一覧

→ニュース一覧


個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun