くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

テキスト版サイトマップ


くまにちコム トップ > 社説・射程・新生面 > 新生面 2月9日付


新生面

2月9日付 2017年02月09日

 辛口のコラムニストとして知られた山本夏彦さんは魅力的なタイトルを付ける名人だった。『問答無用のこともある』『文はうそである』といった具合で、中でも『何用あって月世界へ』は傑作中の傑作だろう▼山本さんは薄っぺらな正義や真面目が大嫌いだった。『まじめ人間の天下である』というコラムでは、「その席に座れば、勇んで貰[もら]うおつかい物、進んで飲む酒を、座れないばかりにとがめるのが潔白だろうか、正義だろうか」と書いている▼月2日の勤務で報酬1千万円。もしその席に座れと言われれば、間違いなく座るだろう。しかも、それが「人助け」になる。懐も気持ちも十分に満たされるいい職場である。そのどこがいけないのか、というのが文部科学省OB氏の本音ではなかったか▼天下りを取り締まるのは簡単だ。一律に禁止すればよい。しかし、1人の事務次官を残すためにほかのキャリア官僚を早期勧奨退職させる慣行がある。本当に優秀な人材を働けなくするのが正義とも思えない▼脱法的天下りを組織化していた文科省に批判が集中している。ほかの省庁では、証拠を残さずもっとうまくやっているという指摘もある。OBも規制対象に加え違法行為には刑事罰導入を、再就職禁止期間を復活させ5年間に、と与野党から規制強化を求める声が出ている▼山本さんならこう言うだろうか。規制強化も大事だが、官僚の働き方を変えねばにせものの正義しか生まれない。それとも君は、その席に座らないとでも言うのかね…。


新生面 記事一覧




個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


無断転載は禁じます。「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright(C) 熊本日日新聞社,All Rights Reserved.