くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

テキスト版サイトマップ


くまにちコム トップ > 社説・射程・新生面 > 新生面 1月30日付


新生面

1月30日付 2017年01月30日

 昨年は映画の当たり年だった。国内の興行収入は過去最高の2355億円。入場者数は1億8千万人を超えた。評判に誘われ、普段は見ない若者向けの作品に魅了されたご同輩も多かったのではないか▼かつては作品によって観客の年齢層がはっきり分かれていた日本映画も、その境目がなくなってきた。若い人たちと一緒にストーリーに一喜一憂すると、こちらも少し若返った気になる。その一体感も映画館ならではの魅力だろう▼一方で、気になるのが観賞マナーだ。作品に集中している時に聞こえてくる話し声やいびきほど腹立たしいものはない。騒がしい若者グループにも閉口するが、高いびきの“犯人”は中高年が多いようで冷や汗が出る▼時と場合によっては、中高年のいびきが問題になることも。愛媛大(松山市)で先日あった大学入試センター試験では、受験生が試験官のいびきに悩まされるという珍事が起きた▼試験官を務めていたのは、50代の男性教授。受験生から苦情が出て途中交代させられたが、事後の聞き取りに対して「いびきや居眠りの認識はない」と答えたという。自覚がないにもかかわらず、周囲に多大な迷惑をかけてしまうのがいびきの恐ろしさだ▼教授のいびきは「生活騒音の範囲内」とされ再試験は行われなかった。とはいえ、その日のために猛勉強を重ねてきた受験生にとっては耳障りで、試験の成否に影響したかもしれない。若者が夢を育む環境を整えるのが、大人の役割だ。油断は禁物。くれぐれもご用心を。


新生面 記事一覧




個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


無断転載は禁じます。「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright(C) 熊本日日新聞社,All Rights Reserved.