くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 事務椅子で激走、南関町で2時間レース


地域ニュース

事務椅子で激走、南関町で2時間レース 2017年10月10日

事務椅子で激走、南関町で2時間レースの写真、図解
「いす-1GP」で熱戦を繰り広げる参加者=南関町
 キャスター付きの事務用椅子に座りながら脚を動かして進むレース「いす-1GP(グランプリ)」の熊本南関大会が8日、南関町の関町商店街一帯で開かれた。町商工会や町などでつくる実行委の主催。

 いす-1は商店街活性化を目的に全国で開かれており、南関町は昨年に続き2回目で、本年度は九州唯一の開催地。1チーム3人で交代しながら特設コース(1周約200メートル)を2時間走り続け、周回数を競う。

 参加した県内外の35組は、急カーブや上り坂にてこずりながらも、力強く地面を蹴って疾走。110周(約21キロ)を記録した木津川運輸(京都府)が優勝した。

 ランニング仲間と参加した熊本市南区の会社員、青木裕子さん(53)は「沿道の温かい声援のおかげで頑張れた。楽しかった」と笑顔で話した。(前田晃志)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun