くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 天草陶石使った器など販売 天草西海岸窯元めぐり


地域ニュース

天草陶石使った器など販売 天草西海岸窯元めぐり 2017年10月06日

天草陶石使った器など販売 天草西海岸窯元めぐりの写真、図解
「天草西海岸秋の窯元めぐり」が始まり、窯元でお気に入りの器を探す買い物客=苓北町
 天草市と苓北町の九つの窯元が、自慢の器を手ごろな価格で販売する「天草西海岸秋の窯元めぐり」が6日始まった。天草陶石研究開発推進協議会(木山勝彦会長)主催で、10日まで。

 天草西海岸で産出する「天草陶石」は、国内産陶石の約8割を占める。窯元めぐりは作品の発表と、風光明媚[めいび]な西海岸のPRを目的に毎年開催。今年は九つの窯元が計約2万点を出品している。

 苓北町の窯元「内田皿山焼」で、関係者ら約50人が出席して開会式。木山会長が「来年の(崎津集落の)世界遺産登録を機に、西海岸の窯元を知ってもらい、天草の観光振興につなげたい」とあいさつした。

 屋外の特設テントで皿や茶わん、コップなどを通常の2~5割引きで販売し、訪れた買い物客が熱心に品定め。天草市楠浦町の家事手伝い鬼塚芙実さん(23)は「白磁の透明感が好き。来年の干支[えと]の置物を買いました」と笑顔で話した。(飯村直亮)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun