くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 「被災故郷に貢献したい」 入社予定者、熊本銀など内定式


地域ニュース

「被災故郷に貢献したい」 入社予定者、熊本銀など内定式 2017年10月03日

「被災故郷に貢献したい」 入社予定者、熊本銀など内定式の写真、図解
熊本銀行の内定式で内定通知書を受け取る村上喜一さん=2日、熊本市
 熊本銀行は2日、2018年春入社予定の大学生らを集めた内定式を熊本市の熊本ホテルキャッスルで開いた。内定者41人が、春に社会人となる自覚を胸に式に臨んだ。

 竹下英頭取が「入行までの半年間、自分で考える習慣と、学生時代にしか経験できないことに挑戦するチャレンジ精神を持ってほしい。仕事をしていく上で欠かせない要素になる」とあいさつ。

 内定者を代表し、内定通知書を受け取った関西学院大4年の村上喜一さん(22)=熊本市出身=は「熊本地震で被災した生まれ故郷に貢献したい。部下からも上司からも頼られるような社会人になるため、しっかり準備したい」と話していた。

 主要企業の採用内定が正式に解禁された10月1日が日曜日だったため、県内では平日となる2日に内定式を行う企業が目立ち、この日は平田機工なども実施した。(宮崎達也)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun