くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 南阿蘇村で「谷人たちの美術館」 移住作家ら展示


地域ニュース

南阿蘇村で「谷人たちの美術館」 移住作家ら展示 2017年10月02日

南阿蘇村で「谷人たちの美術館」 移住作家ら展示の写真、図解
「谷人たちの美術館」で展示している作品を紹介するステンドグラス作家の松浦えりこさん=南阿蘇村
 豊かな自然に魅了された多くの芸術作家が移り住んでいる南阿蘇村の工房やギャラリー36軒で、一斉に絵画や陶器などの作品を展示する恒例の「谷人たちの美術館」が1日、始まった。14日まで。

 村全体を美術館に見立ててPRしようと、作家と住民でつくる実行委が毎年開き、13回目。各作家が、自然素材の染め物や木製家具、風景画など南阿蘇ならではの自然や景色にこだわった作品を展示、販売している。

 初参加のステンドグラス作家、松浦えりこさん(28)は、高知県から母と移住して4月に同村河陽に工房を開いたばかり。工房と自宅を建設中の昨年4月に熊本地震が発生し、移住を迷った時期もあったが、「美しい南阿蘇で創作したい」と決心したという。

 松浦さんは、自宅に草花や星をテーマにした窓に飾るステンドグラスやランプ、アクセサリーなどを展示し、初日から観光客らで盛況。「南阿蘇の作家さんたちは本当に温かく受け入れてくれた。作品や絶景とともに、人の魅力にも触れてほしい」と話していた。(堀江利雅)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun