くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 南阿蘇鉄道の全線復旧「地域に必要」 交通網活性化の骨子案


地域ニュース

南阿蘇鉄道の全線復旧「地域に必要」 交通網活性化の骨子案 2017年09月06日

南阿蘇鉄道の全線復旧「地域に必要」 交通網活性化の骨子案の写真、図解
南阿蘇鉄道の全線復旧を願い、漫画家や原作者の応援メッセージで飾られた車両の出発式=2017年4月15日、高森駅
南阿蘇鉄道の全線復旧「地域に必要」 交通網活性化の骨子案の写真、図解
 南阿蘇村や高森町、県、交通事業者らでつくる南阿蘇鉄道沿線地域公共交通網活性化協議会は5日、地元交通網の再編や活性化を目指す計画の骨子案をまとめた。同鉄道を「生活や観光に必要不可欠」と位置付け、全線復旧の方針をあらためて強調した。

 同村役場で開いた第3回会合で合意したのは「南阿蘇鉄道沿線地域公共交通網形成計画」の骨子案。約70億円と見込まれる復旧費用の支援を国に求める根拠となるため、国に報告する。

 同案は、熊本地震で被災し、部分運休が続く南阿蘇鉄道の役割を、定住促進や観光振興と明記。地域公共交通の課題を整理し、解決に向けた基本方針として、同鉄道の全線復旧や定住・観光・防災などの中心となる鉄道駅の拠点化など、5項目を挙げた。

 計画は住民アンケートの結果なども反映し、来年1月策定の予定。会長の渡辺千賀恵・東海大名誉教授は「国に南阿蘇鉄道の必要性を理解してもらえるよう、活用の具体例や住民の思いを集約したい」と述べた。(堀江利雅)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun