くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 「コイ農法」学んだよ 産山小児童、捕獲に笑顔


地域ニュース

「コイ農法」学んだよ 産山小児童、捕獲に笑顔 2017年07月15日

「コイ農法」学んだよ 産山小児童、捕獲に笑顔の写真、図解
水田でコイを捕まえて喜ぶ産山小の児童=産山村
 田んぼにコイを放してコメを無農薬栽培する「コイ農法」に取り組む産山村の水田で14日、産山小の5年生12人が役目を終えたコイの捕獲をした。地元の歴史や文化、暮らしを学ぶ「うぶやま学」の一つ。

 同農法はコイが泳ぎ回って雑草が生えにくくなり、害虫も食べるので農薬を使わずに済む。授業は渡辺裕文さん(67)の水田であり、5月末に酒米の苗を植えた後に入れたコイを苗の成長に合わせ例年7月末ごろに取り除く。コイは食用などにする。

 約800匹が泳ぐ水田20アールに水着姿で入った児童は、コイを見つけると「あっちに行った」と歓声を上げ、全身泥まみれになって追い掛けた。宮川斗真君(11)は「ヌルヌルして難しかったけど、たくさん捕まってうれしい」と笑顔だった。

 水田の酒米は焼酎か日本酒にして、児童の成人祝いで振る舞うという。(中尾有希)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun