くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > ラーメン党、常設店できた きょう益城町にオープン


地域ニュース

ラーメン党、常設店できた きょう益城町にオープン 2017年07月12日

ラーメン党、常設店できた きょう益城町にオープンの写真、図解
九州ラーメン党の常設店の落成式で、ラーメンを振る舞う濱田龍郎理事長(左後ろ)と招待客ら=11日、益城町
ラーメン党、常設店できた きょう益城町にオープンの写真、図解
九州ラーメン党が障害者の就労支援施設を兼ねて設けた店舗=11日、益城町
 益城町のNPO法人九州ラーメン党(濱田龍郎理事長)が名物の豚骨ラーメンを扱う常設店を12日、同町古閑にオープンする。ラーメン党は長年、全国の被災地で炊き出しに奔走し、地元では障害者支援に尽力。店は障害者の就労を支援する作業所を兼ねており、「障害者が生き生きと働き、熊本地震からの復興に貢献する場にしたい」と意気込んでいる。

 ラーメン党は2000年に弁当やクッキーなどを製造・販売するそよかぜ福祉作業所を同町福富に設け、昨年2月にはラーメン店も併設した。しかし熊本地震で被災したため、九州自動車道の側道沿いにある現在地に本格的なラーメン店を開くことになった。

 11日に同店であった落成式には約40人が出席し、ラーメンが振る舞われた。濱田理事長(73)は「地震から1年3カ月での開店は奇跡。障害者支援と災害救援の拠点を目指す」、配膳を担当する作業所利用者の村上貴裕さん(37)は「働くのが楽しみ。みんなが笑顔になる店にしたい」と話していた。

 店舗や厨房[ちゅうぼう]機器は、日本財団の障害者就労支援プロジェクト助成金を活用して整備した。営業は午前11時~午後3時と午後5~9時。月曜休み。九州ラーメン党TEL096(287)8223。(小多崇)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun