くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 「あそぼーい!」阿蘇駅へ 別ルートで運行開始


地域ニュース

「あそぼーい!」阿蘇駅へ 別ルートで運行開始 2017年07月08日

「あそぼーい!」阿蘇駅へ 別ルートで運行開始の写真、図解
地元住民らの熱烈な歓迎を受けながら阿蘇駅に乗り入れたJR九州の観光列車「あそぼーい!」=阿蘇市
 熊本地震でJR豊肥線が寸断され、運休していた観光列車「あそぼーい!」が8日、阿蘇を大分、別府と結ぶ新ルートで運行開始した。地震後初めて阿蘇駅に乗り入れた「あそぼーい!」の姿に、出迎えた親子連れらから「おかえりなさい」と歓声が湧き上がった。

 「あそぼーい!」は、親子で座る特別シートや遊具コーナーを備えた、4両編成の家族連れ向け観光列車(定員127人)。熊本(熊本市)-宮地(阿蘇市)で運行していた。地震後は鹿児島線などで臨時運行していたが、JR九州が「阿蘇に列車で行けることを発信したい」と大分側と結ぶルートでの運行を決めた。

 この日は別府(別府市)からほぼ満員状態で阿蘇(阿蘇市)へ到着した「あそぼーい!」を、地元幼稚園の園児や親子連れら約100人が手旗を振って出迎え。夫婦で乗車した大分市の佐藤由佳さん(35)は「運行が決まってすぐに予約し、この日を楽しみにしていた。車窓から見る阿蘇の景色はやはり格別」と満足そうだった。

 阿蘇市観光協会の松永辰博事務局長は「復興への道がまた一つ開けた。大分側からJRで安心して行けると伝わることで、多くの人に阿蘇へ足を運んでもらいたい」と話した。

 12月24日までの土日祝日を中心に、阿蘇-大分(大分市)と阿蘇-別府の2ルートで、それぞれ1日1往復、計4本を運行する。(中尾有希)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun