くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 不登校経験ある高校生シンガー、県内外でライブ


地域ニュース

不登校経験ある高校生シンガー、県内外でライブ 2017年05月18日

不登校経験ある高校生シンガー、県内外でライブの写真、図解
「同じ境遇の人を音楽で勇気づけたい」と言う高校生シンガー・ソングライターの野々花さん=熊本市中央区
 不登校を経験し、通信制高校に通うシンガー・ソングライター野々花[ののか]さん(17)が、「同じ境遇の人を勇気づけたい」と県内外でライブ活動を展開している。熊本地震をきっかけにCDを自主制作。7月にはロックバンドの全国ツアーで前座を務めるなど、活躍の場は次第に広がりつつある。

 熊本市近郊に住む野々花さんは、中学生時代に友人との不和から人間不信に陥り、2カ月間不登校になった。

 音楽との出合いは卒業まで1年以上通った別室登校の教室。ギターを手にして「人と違うことが自分にできる」と音楽の魅力にはまった。音楽スクールにも通い「人に聴いてもらえるのが楽しい」と市内のライブハウスなどで演奏を始めた。

 高校でも人間関係のもつれから、昨年12月に通信制高校に転校したものの、音楽への意欲は衰えず、以前から制作に取り組んでいたオリジナル曲は7曲になった。

 熊本地震では1週間の車中泊を経験した。被災した熊本のために何かしたいと、地震から1年後の4月、CDを発売した。収益の一部は「傷ついた熊本城と一緒に自分も前に進みたい」と熊本城復旧のために寄付した。

 CDの中の1曲「人魚姫」は、自らの経験や心情を重ね、「失ったものにばかり目を向けないで/ここにいたこと全て無駄じゃないから/もっとたくさんの素敵[すてき]なこと待っているよ/君のそばでそう歌いたい」と歌う。

 ライブ活動の範囲も広がる。ロックバンド「WEAVER(ウィーバー)」の全国ツアー前座役の一般公募に応募。審査を通過し、7月に長崎市であるライブに出演予定だ。

 精力的に活動する理由を野々花さんは「いろんな経験があったから、今の自分や環境がある。世の中にはいろいろな価値観があることを同じように悩んでいる人に伝えたい」と強く語る。

 CDは中央区大江のムラヤマレコードイオン熊本中央店で販売中。4曲入り350円。同店TEL096(364)7787。(西國祥太)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun