くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 伝統の人文字、息ぴったり 玉名高で体育祭


地域ニュース

伝統の人文字、息ぴったり 玉名高で体育祭 2017年05月16日

伝統の人文字、息ぴったり 玉名高で体育祭の写真、図解
レスリング・伊調馨選手の活躍を祝う紅団の人文字=玉名市
伝統の人文字、息ぴったり 玉名高で体育祭の写真、図解
ドナルド・トランプ米国大統領について人文字を作った輝団
伝統の人文字、息ぴったり 玉名高で体育祭の写真、図解
映画「君の名は。」について人文字を作った蒼団
 玉名市の玉名高・同付属中の体育祭が14日あり、高校生が昨年の時事問題をテーマにした人文字で観客を楽しませた。

 人文字は紅(赤)、輝(黄)、蒼(青)の各団による応援合戦で、60年以上続く伝統行事。生徒約800人が息を合わせてカラータオルと制服を交互に掲げ、5分30秒以内に文字や絵を作った。

 紅団はレスリング・伊調馨選手のリオデジャネイロ五輪金メダル獲得を祝福。輝団はドナルド・トランプ氏の米国大統領就任による世界情勢の行く末を問いかけ、蒼団は映画「君の名は。」に「感動をありがとう」とメッセージを送った。

 保護者でつくる育友会が招待した益城町の仮設団地の21人も見学。中文代さん(68)は「息ぴったりの演技に感動し、暗い気持ちが晴れました」と拍手を送っていた。(木村馨一)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun