くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 秀岳館、早実に快勝 四回一挙4点 RKK招待高校野球


地域ニュース

秀岳館、早実に快勝 四回一挙4点 RKK招待高校野球 2017年05月15日

秀岳館、早実に快勝 四回一挙4点 RKK招待高校野球の写真、図解
【早実-秀岳館】9回表、早実2死一塁。秀岳館の田浦(右)が早実の清宮を一ゴロに打ち取る=藤崎台
 RKK招待高校野球最終日は14日、藤崎台県営野球場で3試合を行った。甲子園3大会連続4強の秀岳館は早実(東京)と対戦し、5-1で快勝。慶応(神奈川)と対戦した春の熊本大会優勝の文徳は5-8の逆転負けを喫し、熊本工も2-6で敗れた。高校球界屈指のスラッガー、清宮幸太郎(早実)を見ようと、会場には早朝から7千人の観客が訪れた。

 秀岳館は0-0の四回、1死一、二塁から竹輪涼介の中前打で先制すると、その後野選と2連打でこの回一挙4得点。五回、石井卓弥のソロ本塁打で追加点を奪うと、3人の継投で早実打線を1点に抑えた。

 文徳は初回、死球と2安打で無死満塁とし、4番萩尾匤也が左越え本塁打を放つと、さらに1点を奪い序盤から大量リード。先発の寺岡悦史は7回2失点と好投したが、八、九回と2番手以降が踏ん張れなかった。

 熊本工は1点を追う二回に追い付き、三回には2死三塁から平野陽大の内野安打で勝ち越し。しかし四回、失策が絡み2点を失うと、五回にも4連打などで3失点。慶応の帰りの飛行機の時間が迫ったため、六回で終了となった。(丁将広)

・2番打者歩かせ清宮勝負!

 秀岳館が5-1と早実をリードして迎えた九回の守り、2死無走者の場面で、八回途中から登板した田浦文丸が2番打者を敬遠した。全国屈指の強打者・清宮幸太郎との対戦を選んだ“背番号1”に7千人の観衆は盛り上がり、田浦が一ゴロに打ち取ると、さらに大きな拍手を送った。

 「パフォーマンスではない。真剣勝負だけど、夏を見据えて(まだ、清宮に投球していなかった田浦に)対戦させてあげたかった」と鍛治舍巧監督。先発した川端健斗を伝令としてマウンドに送り、清宮との勝負を勧めた。

 「いつか対戦してみたかった。三振を取ってやろうと思った」と田浦。複雑な表情を浮かべて打席に向かった清宮を2ストライクと追い込むと、4球目の渾身(こんしん)の直球で仕留めた。「(三振が取れなくて)少し悔しかったけど、打ち取れて良かった」。最後の夏を前に、また一つ自信を積み重ねた。(丁将広)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun