くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > RKK招待高校野球 清宮(早実)、圧巻の場外弾


地域ニュース

RKK招待高校野球 清宮(早実)、圧巻の場外弾 2017年05月14日

RKK招待高校野球 清宮(早実)、圧巻の場外弾の写真、図解
【早実-八代】1回表、早実無死一、二塁。右中間場外への3点本塁打を放つ清宮。投手は緒方=県営八代野球場(小野宏明)
 RKK招待高校野球大会は13日、今春の選抜大会に出場した早実(東京)と、昨秋の神奈川大会を制した慶応を迎え、県営八代野球場で開幕した。初日は文徳、八代、秀岳館が県外2校と計3試合を行い、県勢は1勝2敗だった。

 全国屈指の強打者、清宮幸太郎を擁する早実には文徳と八代が挑戦。文徳は0-0の三回、辻崎路矢の中前打で先制すると、その後2死満塁から松永崇弘の右翼線二塁打でさらに2点。五回にも1点を加え、3人の継投で早実の反撃を抑え、4-2で競り勝った。

 八代は初回、清宮に右中間場外への3点本塁打を浴びるなど4失点。二回には四死球が重なり6点を失った。中盤以降に巻き返したが、大会規定により七回コールドとなり、10-16で敗れた。

 秀岳館は慶応と対戦。2-5の六回、赤坂銀次郎の左越え二塁打などで追い付いたが、直後の七回に2失点。九回、幸地竜弥が左越えソロ本塁打を放ったものの、あと一歩及ばなかった。

 大会最終日の14日は、午前8時半から藤崎台県営野球場で秀岳館-早実、文徳-慶応、熊本工-慶応の3試合を行う。(丁将広)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun