くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 110キロ駆ける 阿蘇でトレイルラン大会


地域ニュース

110キロ駆ける 阿蘇でトレイルラン大会 2017年05月13日

110キロ駆ける 阿蘇でトレイルラン大会の写真、図解
阿蘇西小を笑顔でスタートする選手たち=阿蘇市
110キロ駆ける 阿蘇でトレイルラン大会の写真、図解
スタートから約51キロ地点の波野すずらん公園休憩所で、地元住民のサポートで給食を取ったり給水をしたりする選手たち=阿蘇市
 阿蘇地域の草原などを駆け抜けるトレイルランニング大会が13日、阿蘇市など4市町村を通る約110キロのコースで始まり、全国から集まった男女約280人が高低差約1千メートルの過酷なレースに挑んだ。

 宮崎市のスポーツイベント企画会社などが「ASO ROUND TRAIL」と銘打ち、熊本地震からの復興支援を兼ねて初開催。同市や県、地域の23牧野組合などの協力で、牧草地や九州自然歩道をコースに組み込んだ。

 主催者によると、コースの8割は未舗装路で、100キロを超すトレイル大会の開催は西日本で初めて。地元有志ら約170人が給水などをボランティアで担い、大会を支えた。

 遠くは北海道や東京などから参加した選手たちは午前7時、同市の阿蘇西小を元気にスタート。制限時間30時間で、外輪山の中腹や尾根沿いを反時計回りに走り、ゴールの俵山交流館「萌の里」(西原村)を目指した。

 名古屋市の会社員、井田貴さん(48)は「大学時代を長崎で過ごし九州は第二の故郷だが、熊本地震では何の支援もできず情けなかった。絶対に完走し、阿蘇の素晴らしさを友人らに伝えたい」と笑顔で駆けだした。(岡本幸浩)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun