くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 渡り鳥ひと休み ラムサール条約湿地の荒尾干潟


地域ニュース

渡り鳥ひと休み ラムサール条約湿地の荒尾干潟 2017年04月28日

渡り鳥ひと休み ラムサール条約湿地の荒尾干潟の写真、図解
荒尾干潟で飛び交うシギやチドリ=27日午前、荒尾市
 水鳥の生息地としてラムサール条約湿地に登録されている荒尾市の荒尾干潟で、春の渡り鳥のシギやチドリが群れ飛んでいる。

 同干潟は南半球で冬を過ごした渡り鳥が夏にアラスカ方面を目指す際の中継地の一つ。毎春、22種最大約5千羽が、5月中旬ごろまで羽を休める。

 27日はハマシギやダイシャクシギなど約1300羽が飛来。潮が引き巨大な干潟が出現すると、鳥たちは待ちかねたように干潟に降り立ち、くちばしを砂に差し込んで餌を探していた。

 長年観察を続ける日本野鳥の会県支部の安尾征三郎さん(77)=同市=は「命懸けで飛んできた鳥たちの居場所を守るため、近づき過ぎないでほしい」と呼び掛けている。(上杉勇太)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun