くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 春の味覚、ムラサキウニ漁始まる 天草市


地域ニュース

春の味覚、ムラサキウニ漁始まる 天草市 2017年04月18日

春の味覚、ムラサキウニ漁始まる 天草市の写真、図解
ムラサキウニの身を取り出す漁師ら。周りには磯の香りが漂う=天草市
 天草の春の味覚ムラサキウニの漁が、素潜り漁が盛んな天草市牛深町の海岸一帯で始まった。漁師たちは早朝から出荷作業に追われている。

 解禁は4月1日。同町の裸もぐり組合(中村光組合長、108人)の組合員が午前6時半ごろから一斉に出港し、同10時まで沿岸の水深1~3メートルの岩場で直径5センチほどのウニを採る。

 港に戻ると、小屋で家族らが出荷作業。殻を割った後、細いスプーン状の道具でオレンジ色の生殖巣を丁寧にかき出す。周りには磯の香りが漂う。

 生をはじめ塩漬けにして地元のスーパーや鮮魚店、すし店などを中心に販売される。

 漁は5月末までだが海がしける日は多く、漁ができるのは半分ほど。中村組合長(62)は「今年はすこし小ぶり。味は良く淡泊で上品な甘みがある。いつもよりしけるが、漁を頑張りたい」と期待を込めた。(上野和伝)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun