くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 懐かしの“ツートン”市電が復活 27日から運行


地域ニュース

懐かしの“ツートン”市電が復活 27日から運行 2017年03月17日

懐かしの“ツートン”市電が復活 27日から運行の写真、図解
新たに塗装を施し、27日から復活する市電5014号車(熊本市交通局提供)
 熊本市交通局は27日から、老朽化で休止していた市電5014号車を約8年ぶりに復活させる。車体を修理改造し、福岡市内を走っていた西鉄時代の塗装を施した。朝の通勤時間帯など混雑時に運行する予定。

 5014号車は2両連接の路面電車。1957~78年まで西鉄が1000形電車として運行していた車両を買い取った。2009年まで約30年間、熊本市内を走ったが、車体の劣化などで現役を退き、上熊本駅の車両基地に保存されていた。

 乗車定員はワンマン車両の倍近い130人で、市電の超低床型車両に比べて車内が広いのが特徴。ラッシュやイベント時に市電が満員で乗れないという市民の声を受け、昨夏から西鉄に車両修理を依頼していた。

 「懐かしい姿をもう一度見たい」とのファンの声も多く、車体のカラーを往時と同じように、上部をクリーム色、下部を栗色に塗装し直した。同局電車課は「多くの乗客を乗せられる車両。往時の姿も楽しんでほしい」と話している。(馬場正広)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun