くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 早期米の田植え始まる 天草地方


地域ニュース

早期米の田植え始まる 天草地方 2017年03月16日

早期米の田植え始まる 天草地方の写真、図解
代かきを済ませた水田で県産極早生品種「わさもん」の苗を植える倉田晋幸さん=天草市
 温暖な気候を生かして早期米の栽培が盛んな天草地方で、田植えが始まっている。天草市河浦町では15日朝から、代かきを済ませた水田を田植え機が行き交い、緑の早苗の列をつくった。

 同町の農業、倉田晋一さん(60)方では長男の晋幸[くにゆき]さん(27)が12センチほどに育った県産極早生[わせ]品種「わさもん」を約1ヘクタールに植え込んだ。

 田植えは4月中旬まで続き、収穫は早いところで7月下旬から。倉田さん親子は「気温が高くハウスの早苗は生育が良かった。米の味や収量も期待できる」と力を込めた。

 同市農業振興課によると、市の2016年産米の作付面積は1419ヘクタールで、早期米が約9割を占めた。17年産の作付面積は現状維持か、減少を見込む。(上野和伝)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun