くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 写真家・芥川仁さん、水俣市で作品展


地域ニュース

写真家・芥川仁さん、水俣市で作品展 2017年01月11日

写真家・芥川仁さん、水俣市で作品展の写真、図解
芥川仁さんの写真展「リトルヘブン」に展示されている岐阜県恵那市の稲刈り風景
 水俣病や宮崎県の土呂久鉱害をテーマに活動してきた写真家の芥川仁さん(69)=宮崎市、顔写真=が、さまざまな幸福を切り取った写真展「リトルヘブン」を水俣市立水俣病資料館で開いている。「公害が奪った自然の豊かさや人々の幸せを想像してほしい」と初の開催地に水俣を選んだ。31日まで。

 約10年前から、全国47都道府県で取材。地図を見て住民の暮らしぶりを想像しながら小さな集落を選び、1週間ほど滞在した。住民が警戒心を解いてカメラの前で自然な表情を見せてくれたのには、水俣病患者らと向き合ってきた経験が役立ったという。

 展示している30点は自ら焼いた炭をこたつに入れて暖を取る高齢の夫婦、川ガニを捕まえた男性、アイスキャンデーに夢中の子ども…。幸せの実感が見る側にも伝わる。

 戦後、日本が追い求め続けた経済的な豊かさとは対極にある被写体の数々。芥川さんは「公害がなければ存在した本当の豊かさとは何か、考えながら取材を続けた」と話し、いずれは写真集にまとめるという。

 14日午後1時から、芥川さんが取材時のエピソードなどを話す。15日午前10時からは、来館者が会場に持ち込んだ写真に芥川さんが講評やアドバイスを加える。先着10人程度。いずれも無料。月曜休館。同資料館TEL0966(62)2621。(石貫謹也)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun