くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 熊日三太郎駅伝 水俣Aが3連覇 中学は津奈木


地域ニュース

熊日三太郎駅伝 水俣Aが3連覇 中学は津奈木 2017年01月09日

熊日三太郎駅伝 水俣Aが3連覇 中学は津奈木の写真、図解
【一般・高校の部】第1中継所。区間新記録で水俣Aの2区倉田(右)にたすきをつなぐ1区緒方=水俣市(横井誠)
 第67回熊日三太郎駅伝競走大会は8日、旧水俣市役所本館前駐車場をスタート、芦北町地域活性化センターをゴールとする41・0キロ区間であり、一般・高校の部は水俣A、中学の部は津奈木がともに3連覇を果たした。水俣市、芦北町、津奈木町、水俣市体育協会、芦北郡体育協会、熊日の主催。

 一般・高校の部(9区間)は8チームが出場。水俣Aは混戦の1区を区間新の走りで制すると、2区で突き放し、3区以降は独走。タイムは2時間15分12秒と大会新を記録した。2位は芦北Aの2時間20分7秒、3位は水俣Cの2時間29分54秒だった。

 7チームが競った中学の部(10区間)は、8人が区間賞を獲得した津奈木が総合力で圧倒した。2位は佐敷、3位は田浦だった。

 閉会式で、20回出場の渕上祐二選手(水俣市)、10回出場の新村頼雄(同)、大島博文(芦北町)、平生健太(同)の3選手を表彰した。(福山聡一郎)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun