くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 植木初競り威勢よく 菊陽町


地域ニュース

植木初競り威勢よく 菊陽町 2017年01月08日

植木初競り威勢よく 菊陽町の写真、図解
威勢のよい掛け声が飛び交った庭木の初競り=菊陽町
 菊陽町辛川の緑化流通センターで7日、県樹芸農業協同組合の植木市があり、初競りの威勢のよい掛け声が飛び交った。

 組合員らが、松やモミジ、ツツジ、ツバキなど約2000点を出品。訪れた約100人が競り人との駆け引きを楽しみながら、好みの庭木を次々と競り落としていた。

 菊川洋一代表理事(73)は「熊本地震で被災した今こそ、樹木を眺めてストレスを癒やしてほしい。地震の怖さを後世に伝えるため、庭に記念樹を植えてもらいたい」と話した。

 緑化木品評会で最優秀賞(県賞)となった中野桂一さん(大津町)ら6人も表彰した。

 競り市は5月17日まで、毎月7の付く日に午前9時半から開催。シーズン登録料千円を払えば、だれでも参加できる。同組合TEL096(380)0555。(横山千尋)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun