くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > 災害時の外国人の避難生活議論交わす 熊本市


地域ニュース

災害時の外国人の避難生活議論交わす 熊本市 2017年01月08日

災害時の外国人の避難生活議論交わす 熊本市の写真、図解
災害時の外国人の避難所生活について意見を交わす登壇者たち=7日、熊本市中央区
 災害時の外国人の避難所生活について考えるトークイベントが7日、熊本市中央区の市国際交流会館であった。同市国際交流振興事業団と、神戸市の市民団体「多文化と共生社会を育むワークショップ」の主催。

 熊本地震や阪神大震災で避難生活を体験した外国人や支援者ら6人が登壇。熊本地震で、中国人実習生とともに同会館に避難した熊本繊維工業協同組合の西村美芳事務局長は「実習生たちは一時パニックになったが、避難所のサポートで落ち着きを取り戻し、日本人の対応に感謝していた」と振り返った。

 阪神大震災の際、外国人向けの番組を放送した「FMわぃわぃ」(神戸市)の金千秋代表理事は「避難所の多言語化なども重要だが、まずは地元にさまざまな文化を持つ人が住むことを市民に理解してもらう必要がある」と指摘。同事業団の八木浩光事務局長は「日本語教室に地域の人たちを招くなど交流する機会を増やしたい」と話した。(園田琢磨)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun