くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のニュース > ドローンと小型無人ヘリで生活用品宅配 離島で実験


地域ニュース

ドローンと小型無人ヘリで生活用品宅配 離島で実験 2016年11月30日

ドローンと小型無人ヘリで生活用品宅配 離島で実験の写真、図解
荷物を積み湯島(奥)から戻ってきたドローン=上天草市
ドローンと小型無人ヘリで生活用品宅配 離島で実験の写真、図解
荷物を積み湯島(奥)に向かう無人ヘリコプター
 日立造船(本社・東京)が29日、上天草市の大矢野島と離島の湯島間で、小型無人機(ドローン)と無人ヘリコプターによる書籍などの運搬実験をした。高精度で位置特定が可能な「準天頂衛星システム」を初めて使用した。

 無人機を使った過疎地や離島へ生活必需品の宅配を事業化し、「買い物難民」の解消につなげようと企画。電波が建物や山などに遮断されにくく、誤差10センチ内という同システムを採り入れた。

 約1・8メートル四方のドローンと、無人ヘリ(全長約3・6メートル)を使用。ドローンは最大6キロ、ヘリは35キロの積載が可能という。

 同町の大手原[おおてばら]地区から湯島までの約6・5キロを、両機体でそれぞれ1往復。往路で書籍1冊を、復路でワカメなどの海産物を、片道約20分かけて運んだ。

 同社電子制御営業部の神崎政之部長代理(52)は「実験の結果を踏まえ、実用化に向けたモデルづくりに取り組みたい」と話した。(小野宏明)


熊本のニュース記事一覧



個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun