日本で一番目にできた新聞博物館

熊本日日新聞社
  • ホーム
  • どんなところ?
  • イベント・企画展
  • 新聞について学ぼう!
  • 遊ぶ・くつろぐ
  • 新聞博物館のなぞ?
  • 博物館企画グッズ

新聞博物館って、どんなところ?

    新聞博物館は、熊本日日新聞社の設立45周年事業として昭和62(1987)年10月1日に開館した日本最初の新聞博物館です。日本新聞協会がつくった「日本新聞博物館」(ニュースパーク、横浜市)は2000年にオープンしました。新聞の歴史的遺産を収集・保存するとともに、時代を先取する情報文化センターとしての役割を果たすことを目指します。

    基本情報

    開館・休館平日9:30〜16:30まで/日曜・祝日、年末年始(12月26日〜1月5日)
    入館料無料
    最寄りの公共交通機関熊本バス(交通センター〜川尻・城南行)
    九州産交バス(交通センター〜松橋行、川尻町・国町行)
    熊日前下車
    駐車場有り
    食堂社員食堂(一般利用可)

    展示内容

    • 「新聞の出来るまで」製作工程コーナー
    • 鉛活字時代の制作機器類(活字ケース、活字鋳造機など)
    • グーテンベルクの印刷機(レプリカ)、マリノニ型輪転機、国産ワープロ1号機
    • 新聞と時代コーナー(幕末から現在までの時代の流れを大きな事件を中心に新聞で紹介)
    • 戦争と号外(西南の役から第二次世界大戦まで)
    • 県出身のジャーナリスト(徳富蘇峰、池辺三山、鳥居素川、本山彦一、城戸元亮、伊豆富人など)
    • 新聞と広告コーナー(明治から現在までの広告の変遷を展示)
    • 夏目漱石とラフカディオ・ハーンのコーナー
    • 特別展コーナー(壁面とガラスケースを使って、その時々の催し物を展示)
    • 那須良輔漫画コーナー

    詳しく見る