くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

テキスト版サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のスポーツ > 熊日学童五輪 > 空手道 男子総合は芦北海王塾A、女子総合は大真舘がV


熊日学童五輪

空手道 男子総合は芦北海王塾A、女子総合は大真舘がV

写真
【男子5・6年組手決勝】大将戦、武隆館の住永に上段蹴りを繰り出して攻める覇道塾Aの濱本(右)=天草市民センター(高見伸)
 第42回熊日学童五輪空手道(県空手道連盟・熊日主催、県教委・県PTA連合会後援、JA共済連熊本協賛)は13日、天草市民センターで28団体341人が出場し、熱戦を繰り広げた。

 形と組手の総合成績で競う5・6年の部の男子は、芦北海王塾Aが形2位、組手3位で優勝を飾った。女子は大真舘が形、組手とも2位に入り、栄冠を手にした。男子の形は宇土修武館、組手は覇道塾Aが優勝。女子は形が教道館、組手は静修会が頂点に立った。

 混合3・4年の形は田島武道館A、同1・2年形は躰心塾Aが制した。組手の男子3・4年は大真舘B、同1・2年は秀心塾、女子3・4年は芦北海王塾、同1・2年は拳心塾がそれぞれ勝った。

 開会式では熊日の峰松清子事業部次長が「日ごろの練習の成果が出せるよう頑張ってください」とあいさつ。選手を代表して、覇道塾の脇島大晴と村井響が「空手道精神のもとに、最後まで諦めず戦います」と宣誓した。(丁将広)


熊本日日新聞2016年11月14日

熊日学童五輪の新着記事

→一覧を見る


個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun