くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

テキスト版サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のスポーツ > 熊日学童五輪 > 相撲 高学年 宇土少年クラブが9連覇


熊日学童五輪

相撲 高学年 宇土少年クラブが9連覇

写真
【団体高学年の部決勝・八代やちわク-宇土少年ク】大将戦。宇土少年の川上(奥)が八代やちわの成松を小手投げで破る=県民総合運動公園相撲場(大倉尚隆)
 第42回熊日学童五輪の相撲競技(県相撲連盟・熊日主催、熊本市相撲連盟主管、県教委・県PTA連合会後援、JA共済連熊本協賛)は17日、熊本市の県民総合運動公園相撲場で団体戦と個人戦を行い、団体高学年(5、6年生)は宇土少年クラブが9年連続10度目の優勝を果たし、同低学年(1~4年生)は八代やちわクラブが12年ぶり5度目の頂点に立った。

 7チームで競った団体高学年は、宇土少年クラブが決勝で八代やちわクラブと対戦し、不戦勝を含めて4-0で勝ちきった。11チームが参加した同低学年は、八代やちわクラブが宇土スポーツクラブAを4-1で退けた。

 個人戦は学年別で開催。6年は本田豪太郎(宇土少年ク)、5年は大手希星(同)、4年は宮川優太(宇土スポーツク)が頂点に立ち、3年は橋本泰成(阿蘇愛育会)、2年は吉本陽平(芦北トレジャーク)、1年は戸田勇翔(同)が優勝した。

 競技前に開会式があり、宇土少年クラブの本田主将が「日ごろの練習の成果を発揮し、正々堂々と戦い抜くことを誓います」と宣誓した。(山本遼)


熊本日日新聞2016年07月18日

熊日学童五輪の新着記事

→一覧を見る


個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun