くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

テキスト版サイトマップ


くまにちコム トップ > 熊本のスポーツ > 熊本城マラソン > 熊日30キロは宇賀地が優勝 熊本城マラソン


熊本城マラソン

熊日30キロは宇賀地が優勝 熊本城マラソン

写真
熊本城をバックに一斉にスタートするフルマラソンのランナーたち=19日午前9時2分すぎ、 熊本市の通町筋電停前(谷川剛)
 熊本市で1万人の健脚ドラマ-。政令指定都市移行を記念した第1回熊本城マラソン(熊本市・県・熊本陸協・熊日主催)は19日午前9時から、金栗記念第56回熊日30キロロードレース、フルマラソン、4キロの順でスタート。晴天に恵まれ、通町筋に集まったランナーが熊本城の雄姿をバックに中心街を駆け抜けた。

 熊日30キロには実業団や大学の精鋭と市民ランナーの男女計58人が出場。市西南部を通る新コースで熱戦を繰り広げ、男子は1万メートルでロンドン五輪を狙う宇賀地強[うがちつよし](コニカミノルタ)が1時間30分1秒で初優勝した。

 東日本大震災被災地の宮城県東松島市など全国から集まったフルマラソンの約9千人、上・下通アーケードなどを走る4キロの千人はゴールの熊本城を目指した。沿道では多くの市民が声援を送り、ランナーたちを後押しした。


熊本日日新聞2012年02月19日

熊本城マラソンの記事一覧


個人情報保護方針著作物の利用についてお問い合わせ

↑このページの先頭へもどる


「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun