くまにちコム:熊本のニュース速報なら熊本日日新聞

サイトマップ


くまにちコムトップ > 動画トップ


動画


肥後狂句学園
 13年続いた新春恒例の「肥後狂句学園」が、高校生以外の若い世代にも肥後狂句の魅力を知ってもらおうと、「肥後狂句大合戦」として新しいスタートを切った。

夏目漱石特集
 1896(明治29)年4月13日、のちの文豪漱石=夏目金之助は、熊本の地に降り立った。それからちょうど120年、今年の熊本では漱石記念年として多くのイベントが予定されている。

地域特集「18歳 ふるさとの宝」
【荒尾】干潟とともに 荒尾高理数科
【菊池】日本ボート界支える競技拠点
【阿蘇】「地熱の里」でエコな暮らし
【熊本市】熊本城一帯の豊かな自然
【熊本市】住民の足守る ”鉄道博物館”
【宇土】雨乞い大太鼓 魅力PR
【八代】街の”誇り”を実感 発信力にも期待
【水俣】「青春の全て」 水俣川
【球磨】地元の誇り 授業で球磨焼酎造り
【天草】世界遺産効果広げたい 河浦高生
荒尾市「万田坑」
 万田坑は、1902(明治35)年に出炭が開始された三池炭鉱の20世紀初頭を代表する坑口です。それまで存在した三池炭鉱の各坑口よりも南西の方面を採掘するためにつくられました。この施設は揚炭用の第一竪坑と人や資材の昇降と排気を目的とした第二竪坑、それらに付随する施設から構成されています。(2015/7/21)

宇城市「三角西港」
 明治の三大築港の一つである三角西港は明治20年に開港しました。明治22年には国の特別輸出港に指定され、九州の一大集散地として栄えました。その後、役割は衰退しましたが、石積みの埠頭をはじめ当時の施設がほぼ原形のまま残っています。明治期の港が完璧に現存するのは日本でここだけです。(2015/7/6)

ぷれすけの県立農業大学校1日入学
 熊日のキャラクターぷれすけが、1日限定で農大生の仲間入りをしました。(2015/1/29)

一面の銀世界 阿蘇中岳を空撮
 活発な活動が続く阿蘇中岳周辺も一面銀世界。阿蘇山上広場には朝から、県外ナンバーの車や外国人客を乗せた貸し切りバスが切れ間なく訪れていた。この日は午後にかけて青空が広がるまでに天候が回復。一帯は噴火警戒レベル「2」で火口への立ち入り規制が継続中だが、同広場では中岳が身近に見られるとあって、訪れた人たちは、勢いよく立ち上る灰色交じりの噴煙を盛んにカメラに収めていた。(2014/12/7)

HKT田中さん 新聞づくり見学
 アイドルグループHKT48の県出身メンバー「みくりん」(愛称)田中美久さん(12)。くまTOMOに「みくりんの日々きらきら」を連載中ですが、もっとみくりんのことを知りたい、というくまTOMOサポーター(TOMOサポ)7人が、熊本市中央区の熊日本社に集まりました。(2014/8/2)





「くまにちコム」に掲載の記事、写真等の無断転載は禁じます。著作権は熊本日日新聞社または、各情報提供者にあります。

Copyright Kumamoto Nichinichi Shimbun