NY円、一時157円20銭 1カ月ぶり円安水準

共同通信 2024年5月29日 06:45

 【ニューヨーク共同】連休明け28日のニューヨーク外国為替市場の円相場は対ドルで下落し、一時1ドル=157円20銭と約1カ月ぶりの円安ドル高水準を付けた。米長期金利が上昇し、日米の金利差拡大を意識した円売りドル買いが優勢となった。

 午後5時現在は、前週末比24銭円安ドル高の1ドル=157円15~25銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1・0852~62ドル、170円60~70銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)高官が早期利下げ開始に慎重な発言をしたことが伝わり、米長期金利が上昇した。米景気の底堅さも示す経済指標もあり、利下げ開始が遅れるとの観測が高まった。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「経済」記事一覧