プレミアム会員限定

更生重視、社会復帰の起点に 熊本刑務所 来年6月から「拘禁刑」 内面見つめる「対話実践」 高齢受刑者リハビリも

熊本日日新聞 2024年5月29日 06:05
熊本刑務所で試行している「対話実践」のイメージ。受刑者(左、モデルは職員)と刑務官(右)らが対話を重ねる=4月23日、熊本市中央区

 刑罰の懲役と禁錮を一本化した「拘禁刑」が導入される。2025年6月以降の事件・事故で有罪となった人が対象。懲役刑に科されていた刑務作業が拘禁刑は義務でなくなる。「懲らしめ」から「更生」重視へと転換を迎える塀の中はどうなっているのか。熊本刑...

この記事は「プレミアム会員(熊日定期購読の方)」限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り 2890字(全文 3010字)

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
熊本のニュース