強盗殺人罪で無期懲役求刑、奈良 カメルーン人の男

共同通信 2024年5月28日 12:09
 奈良地裁=2020年
 奈良地裁=2020年

 奈良県大和郡山市で2021年、女性を殺害し現金約3千万円を奪ったとして、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われたカメルーン国籍の無職フォルゲ・ムンヤ・フィデル被告(31)の裁判員裁判が28日、奈良地裁(沢田正彦裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。

 起訴状などによると、被告は21年7月9~12日、同市の介護職員笹岡順子さん=当時(56)=を殺害し現金約3千万円を奪った後、友人と共謀して遺体を運び、奈良市中町の雑木林に遺棄したとしている。

 同月下旬に羽田空港から出国しようとしたところを見つかり、逮捕された。被告は公判で起訴内容を認めている。

RECOMMEND

あなたにおすすめ
Recommend by Aritsugi Lab.

KUMANICHI レコメンドについて

「KUMANICHI レコメンド」は、熊本大学大学院の有次正義教授の研究室(以下、熊大有次研)が研究・開発中の記事推薦システムです。単語の類似性だけでなく、文脈の言葉の使われ方などから、より人間の思考に近いメカニズムのシステムを目指しています。

熊本日日新聞社はシステムの検証の場として熊日電子版を提供しています。本システムは研究中のため、関係のない記事が掲出されこともあります。あらかじめご了承ください。リンク先はすべて熊日電子版内のコンテンツです。

本システムは「匿名加工情報」を活用して開発されており、あなたの興味・関心を推測してコンテンツを提示しています。匿名加工情報は、氏名や住所などを削除し、ご本人が特定されないよう法令で定める基準に従い加工した情報です。詳しくは 「匿名加工情報の公表について」のページ をご覧ください。

閉じる
注目コンテンツ
全国のニュース 「社会」記事一覧